神戸大学附属図書館のサービス全般につきましては、「利用案内」のページもご参照ください。

  1. 図書館の利用
  2. 公費での資料購入
  3. 研究成果の公開
  4. 電子ジャーナル・電子ブック・データベース
  5. 投稿先学術雑誌の評価指標
  6. 遠隔講義に関する情報

図書館の利用

入館・貸出には、図書館利用証が必要です。「図書館利用証」のページをご参照ください。

公費での資料購入

図書や雑誌の公費での購入については、「資料購入(公費)」のページをご確認ください。

個人の研究室所在の資料はアカウントサービスからご確認いただけます。
「貸出・予約状況照会」の「研究室備付図書」タブに資料の一覧が表示され、テキストファイルでダウンロードすることも可能です。
*表示されるのは所蔵検索システムに登録後の資料です。
*消耗品や所蔵検索システム登録前の資料は表示されません。
上記の「研究室備付図書」タブにも「貸出状況」タブにも見当たらない資料がございましたら、所属のサポート図書館へお尋ねください。

研究成果の公開

論文等の研究成果を、神戸大学学術成果リポジトリ(Kernel)を通じて公開することができます。
研究成果をKernelに登録することにより、神戸大学研究者紹介システム(KUID)、CiNii Articles、WorldCat、Google等の検索サイトといった、様々なチャネルから論文へアクセスでき、可視性向上に役立ちます。
Kernelへの登録の詳細については、こちらでご案内しています。
学術成果の登録方法

また、「神戸大学オープンアクセス方針」も併せてご参照ください。

電子ジャーナル・電子ブック・データベース

詳細は「コレクション概覧」のページをご確認ください。
ご自宅や出張先など、キャンパスの外から利用する方法もこちらでご案内しています。

投稿先学術雑誌の評価指標

学術雑誌を評価する際に参考となる指標をご紹介します。
論文投稿料(※)の取得を目的とし、学術研究の質に関係なく論文等を掲載する悪質な雑誌が存在しているようです。「粗悪学術誌」「ハゲタカジャーナル」と呼ばれることもあるようですが、このような悪質とされる雑誌に論文を掲載した場合、研究者としての信頼性やキャリアを損なう恐れもありますので、論文の投稿先を選択する際には、次のようなツールを活用するなど、くれぐれもご注意ください。

※誰でも論文を利用できる学術雑誌のことをオープンアクセス誌といいます。これらの雑誌に論文を投稿する際には、論文の著者が論文投稿料を支払うことが一般的です。オープンアクセス誌にも質の高い学術雑誌が数多くありますが、悪質とされるオープンアクセス誌は、このような仕組みを悪用して論文投稿料を取得することを目的にしているといわれています。

・データベースで学術雑誌の評価を確認する
Web of Science
Journal Citation Reports
Clarivate Analytics 社が提供するデータベースWeb of Science に採録されるには、一定の基準を満たしている必要があります。また、Journal Citation Reports の Impact Factor は、学術雑誌の影響力を示す指標の一つとして定評があります。

・参考になるウェブサイト
DOAJ Directory of Open Access Journals(オープンアクセス学術誌要覧)
OASPA Open Access Scholarly Publishers Association(オープンアクセス学術出版社協会)
COPE Committee on Publication Ethics(出版規範委員会)
Think Check Submit(適切な論文投稿先であることを確認するためのチェックリスト)

遠隔講義に関する情報

デジタル教材作成に係る著作権や授業の実践例として次のような資料がインターネットで公開されています。

遠隔教育システム活用ガイドブック 第1版 – 文部科学省(pdf)
平成31年発行・52ページ。小中学生向けですが23~34ページに授業の流れにそったICT機器等の活用事例が、37~40ページにQ&Aが示されています。

遠隔学習導入ガイドブック 第3版 – 文部科学省
平成30年発行・129ページ。4つのファイルに分割されています。小中学校向けの内容ですが、ICT機器の利用方法や授業の実践例などがまとめられています。
・第4章 遠隔合同授業の実践例
・第5章 遠隔合同授業の効果を高めるために

九州大学附属図書館付設教材開発センター
九州大学附属図書館付設教材開発センターは、ICTを活用したデジタル教材の提供により教育の質を改善する目的で設置されています。
電子教材における著作権に関する情報が公開されています。

大学学習資源コンソーシアム(CLR) – 千葉大学
大学学習資源コンソーシアムは、大学関係者が、学習、教育における電子的学習資源の製作および共有化を促進させる体制の構築と著作物の円滑な利用環境を整備し、高等教育・学術研究の発展に寄与することを目的としています。
大学の授業における著作物の利用に関する情報が公開されています。