平成29(2017)年度 資料展

近代神戸の航路をたどる ~開港150年を迎えて~

2017年1月1日、神戸港は開港150年を迎えました。
本年度は「近代神戸の航路をたどる ~開港150年を迎えて~」と題し、「神戸開港文書」や「住田文庫」をはじめとした当館の所蔵資料を通じて、開港以降神戸がたどってきた航路について紹介します。
みなさまのご来館をお待ちしております。

平成29年度 資料展ポスター
開催期間:
2017年10月13日(金)~12月19日(火)
開館時間:
月~金/8:45~21:30
土・日・祝/10:00~19:00(ただし、11月3日(金・祝)は休館)
開催場所:
神戸大学附属図書館 社会科学系図書館本館2階 展示ホール
アクセス
社会科学系図書館フロアマップ

資料展チラシ (PDF:751KB)
展示品目録 (PDF:811KB)

参考URL
神戸開港文書
神戸開港150年記念事業

過去の資料展について

神戸大学では教育・研究とならぶ第三の使命として地域・社会との連携協力にも力を注いでいます。
附属図書館では、収集した貴重な資料を地域のみなさまにもご覧いただきたいと考え、平成16年からささやかながら資料展示活動をはじめました。
第1回から前回までの資料展の内容や展示品目録は下記のリンクからご覧いただけます。
過去の資料展一覧