※本学所属者を対象にしたFAQです。学外の方は「卒業生・学外の方へ」のページをご覧ください。

データベースや電子ジャーナルを利用しようとするとID/PWを求められます

学内ネットワーク環境でアクセスしていますか。神戸大学が有料で契約しているデータベースや電子ジャーナル・電子ブックは学内ネットワーク環境でしか利用できません。学外からの利用は「VPN接続サービス」や「学認フェデレーション」をご利用ください。詳細は「学内限定コンテンツについて」をご確認ください。

今借りている本や過去に借りた本を確認できますか

「アカウントサービス」の「貸出・予約状況照会」で確認できます。「貸出・返却履歴」タブから現在借りている資料を含めて今までに借りた資料をご確認いただけます。現在借りている資料の返却期限は「貸出状況」タブからご確認ください。

今借りている本の貸出期間を延長できますか

貸出期間内に手続きすると貸出期間を延長できます。図書を持参の上、最寄りの図書館で手続してください。最初の1回に限り「アカウントサービス」の「貸出・予約状況照会」からの延長も可能です。
なお、条件によっては貸出期間内でも延長が出来ない場合があります。詳細は「貸出期間の延長」のページをご確認ください。

本を借りた図書館で返さないといけませんか

神戸大学の図書館所蔵資料であれば、借りた図書館でなくても、神戸大学内のどの図書館でも返却が可能です。

図書館から届くメールの送付先を携帯電話のアドレスに変更できますか

「アカウントサービス」の「登録メールアドレス(変更・削除)」から変更可能です。
図書館からのメールは、情報基盤センターのメインメールアドレスに送付されるよう設定されています。それ以外のメールアドレスへの送付を希望される場合は、上記から設定変更をお願いします。

博士論文を閲覧したいです

本学の博士論文は「学術成果リポジトリKernel」でご確認いただけます。詳細は「博士論文」をご確認ください。
他大学の博士論文は「CiNii Dissertations」や「国立国会図書館オンライン」などでご確認いただけます。「資料/情報の探し方ガイド>博士論文を探す」も併せてご参照ください。

英語の多読資料を利用したいです

総合・国際文化学図書館(開架室4階)、海事科学分館(開架室2階)には多読図書コーナーを設置しています。
また電子ブックでもご利用いただけます。電子ブックはOPACで検索の上、検索結果詳細ページの所蔵情報欄左端のURLアイコンをクリックし、ご利用ください。特定の図書が決まっていない場合は、「Maruzen eBook Library」の画面左側の絞り込み「出版社/提供元」の「マクミランランゲージハウス」をクリックすると、本学で利用可能なMacmillan Readersシリーズを通覧することも可能です。

○○新聞はありますか

購読している新聞は各館で異なります。詳細は所蔵・購読新聞リストをご確認ください。また、データベースでも新聞記事を閲覧できます。

今日の新聞をコピーできますか

著作権法により当日の新聞は各記事の半分までしかコピーできません。なお前日までの新聞は全文コピー可能です。

探している本が、どこにあるか分かりません

OPAC(神戸大学附属図書館蔵書検索)で検索して、該当資料の所蔵情報欄をご確認ください。詳細は「資料の探し方」のページをご確認ください。

配架場所が「○○図書館:研究室備付」となっている資料は借りられますか

教員が自分の研究のために購入した資料であり、図書館内には置いていないため、通常は利用できません。学生希望図書リクエストや最寄りの公共図書館の活用もご検討ください。
研究室備付資料の利用をご希望の場合は、図書館から所有教員に照会いたします。詳細は各館ページサイドバーの「研究室備付資料の利用について」(※医学分館を除く)をご確認ください。

状態が「調査中」となっているものは利用できますか

申し訳ございませんが、資料が見当たらず調査中のためご利用いただけません。

辞書や辞典は借りられますか

参考図書のコーナーのものは借りられませんが、その他にあるものは借りられます。
また、貸出不可(禁帯出)のものでも当日限定で借りられる場合があります。各カウンターへお尋ねください。

KULiP(クリップ)とは何ですか

各科目の参考資料を担当教員のコメント付きでリストアップした「授業資料ガイド」、分野別や目的別に情報検索に便利なサイトを集めた「資料/情報の探し方ガイド」などからなるパスファインダーです。
「授業資料ガイド」に掲載された資料を集めて配架したKULiPコーナーを、総合・国際文化学図書館、社会科学系図書館、人文科学図書館、海事科学分館(※シラバスコーナー)に設置しています。詳細は「授業資料ガイド」をご確認ください。

資料の寄贈について」のページをご確認ください。