1. APCについて
  2. APC割引情報
  3. APC支払い状況調査

APCについて

論文をジャーナルに投稿する際、掲載論文をオープンアクセスにするためにAPC(Article Processing Charge;論文処理費用)と呼ばれる費用が発生する場合があります。
この費用には、該当するジャーナルの購読状況等によって機関所属者に割引が適用されることがあります。対象となる出版社・ジャーナルと手続きの詳細は、下記をご覧ください。
また、契約プラン検討等のためAPC支払状況の調査にもご協力願います。

APC割引情報(2022年2月現在)

本学の購読契約状況等により、下記ジャーナルでは本学の構成員(教職員・学生)がAPCの割引を受けることができます。
なお、割引の適用について図書館では取りまとめは行っておりません。詳細は各出版社のWebサイトでご確認ください。また、個人会員向け割引制度の適用が受けられる場合もありますのであわせてご確認ください。

出版社名等 対象ジャーナル 案内ページ 備考
American Association for the Advancement of Science (AAAS) “Science Advances” Licensing and charges 本学所属者は割引が適用されます。
APC支払いページにて「APPLY DISCOUNTS」をクリックすると割引申請ができます。
American Chemical Society(ACS) すべてのジャーナル Pricing – ACS Open Science 本学は「Subscribing Institutions」に該当し、割引が適用されます。
BioScientifica “European journal of endocrinology” Open Access Policy 本学は”Non-profit subscribers”に該当し、割引が適用されます。
National Academy of Sciences “Proceedings of the National Academy of Sciences of the United States of America (PNAS)” Publication Fees 本学は「institutions with current-year site licenses」に該当し、割引が適用されます。
SCOAP3 SCOAP3の対象誌(2020-2022) SPARC JAPAN
SCOAP3
高エネルギー物理学(HEP)分野対象誌の論文についてはAPCが不要です。

APC支払い状況調査

本学の実情に合った電子ジャーナルの契約プランを検討するには、学内におけるAPC支払状況を把握する必要があります。ついては、APCを支払う際は、次の通りご協力願います。
「APC(論文処理費用)等を計上する際の会計処理について(通知)」[PDF:154 KB](学内限定)