図書館について (社会)

沿革

社会科学系図書館は、学内で最も長い歴史と大きな規模を持つ図書館です。

1933(昭和8)年竣工の本館とその後増築された書庫棟及び管理棟に加え、2004(平成16)年に竣工した総合研究棟「フロンティア館」の一部(B2F~2F)が新たに図書館スペースに加わっています。また本館および書庫の一部は、2003(平成15)年に文化庁より登録有形文化財として登録されています。

旧神戸高等商業学校時代引き継がれた蔵書をはじめ、社会科学関係資料においては質量ともに高い評価を受けています。また、1986(昭和61)年には、教育・心理学を含む人文・社会科学系の外国雑誌センター館に指定され、該当分野のレアジャーナルの収集にも努めています。
外国雑誌センター館(国立大学図書館協会)

その他、1995(平成7)年の阪神・淡路大震災に関連する資料を収めた「震災文庫」も、当館に設置しています。震災文庫の資料はデジタルアーカイブから検索でき、著作者の許諾を得られた一部の画像や動画についてはWEB上で公開しています。
震災文庫

主なサポート対象

法学部/研究科
経済学部/研究科
経営学部/研究科
国際協力研究科