「レポート執筆攻略セミナー」を開催します 【終了しました】


大学生のためのRPG ポスター[pdf: 953kB]

4月11日(火)より、毎週お昼休みに、鶴甲第1キャンパスのラーニングコモンズにて「レポート執筆攻略セミナー:大学生のためのRPG(Report Playing Guides)」を開催します(第4回のみ工学部C3棟で実施)。
本セミナーでは、お昼ご飯を食べながら、実践を交えつつ、大学での文章執筆の基本について学ぶことができます。

レポートをどう書いたらいいのか分からず不安な新入生の方、より良いレポート・論文を書くために基礎をしっかり押さえておきたい学部学生の方、その他アカデミック・ライティングに興味をお持ちの方など、ぜひ奮ってご参加ください。
申込は不要ですので、当日直接会場までお越しください。

★3回出席された方には、特製トートバッグをプレゼントします!

開催日時・場所

日時

第1回:4月11日(火)
第1回’:4月12日(水)
第2回:4月17日(月)
第3回:4月25日(火)
第4回:5月 8日(月)
第5回:5月16日(火)
いずれも 12:20-13:00

会場

会場の変更を行いました。ご注意ください。
第1回:神戸大学鶴甲第1キャンパス ラーニングコモンズ 1階
第1回’:総合・国際文化学図書館内ラーニングコモンズ
第2回:鶴甲第1キャンパス C201教室-ローカルマップ17番
第3回:鶴甲第1キャンパス C201教室
第4回:工学部C3棟101(創造工学スタジオ2)-ローカルマップ49番
第5回:神戸大学鶴甲第1キャンパス ラーニングコモンズ 1階
   にて実施

対象

神戸大学の学生(教職員も参加可能)

各回講師・内容紹介

各回の資料を神戸大学附属図書館パスファインダー KULiP上で公開しております。
ダウンロードの上、当日の配布スライドをご覧いただけます。
神戸大学附属図書館パスファインダー KULiP

第1回:4月11日(火)12:20-
第1回’:4月12日(水)12:20-

講師近影

レポートってどう書くの?
講師:谷口由佳
   (附属図書館)

内容
レポート課題が出た!でも、そもそもレポートってどう書くの?大学に入って最初に困ることは、レポートの書き方かも知れませんね。第1回目では、ファーストステップとして、レポートの形式、ライティングの手順、参考文献リストの作り方など、簡単なクイズを挟みながら、「レポートの書き方」について楽しく学びます。

当日の資料は下記で公開しております。
神戸大学附属図書館 KULiP

第2回:4月17日(月)12:20-

講師近影

Logical Thinking For Writing
~論理的に考える作法~

講師:石川慎一郎先生
   (国際コミュニケーションセンター 教授)

内容
本講座では、論理的にアイデアや文章を構成するためのスキルを学びます。身近なテーマでストーリーを考え、それを批判的視点から検証することで、アカデミックライ ティングに求められるロジカルシンキングの入門を行います。「それって理由になっとう?」「それってえらい飛躍してへん?」 などなど、自分のアイデアや文章に自分で「突っ込み」を入れられるようになることが、アカデミックライティングの第1歩です。作文に、プレゼンに、卒論に、学術の世界で共通して求められる必須リテラシーの基礎を学びましょう。

第3回:4月25日(火)12:20-

講師近影

論理的なコミュニケーション
講師:齊藤美穂先生
   (国際教育総合センター 准教授)

内容
レポートや論文では、問いを立て、それに答えるというある種の「問答」を行います。そして、その過程では論理的な「説明」が求められます。しかしその問答や説明のありかたは、わたしたちの日常生活におけるコミュニケーションとは異なっています。そこで、本講座では、日常のコミュニケーションのありかたを振り返りつつ、論理的なコミュニケーションの基礎として、問いへの答え方や説明のしかたを学びます。

第4回:5月8日(月)12:20-

講師近影

理系レポート・論文の書き方
講師:谷口隆晴先生
   (システム情報学研究科 准教授)

内容
理系のレポート・論文では、普通の文章を書くときとは異なる独特の書き方があります。特に文章を書くときには、美しさではなく、明快さや正確さが求められます。そのような文章を書くためには慣れも必要ですが、少し工夫するだけでも文章の質を改善することができます。本講座では、そのようなちょっとした書き方の工夫について、具体例を通して学びます。

第5回:5月16日(火)12:20-

講師近影

ランチタイムブレイク『WRITE & CITE』
司会:佐藤知生
   (附属図書館)

内容
お昼休みに楽しくゲームをしませんか?世界でここだけにしかないオリジナルカードゲーム『WRITE & CITE』をプレイしてみましょう。
『WRITE & CITE』イントロダクション
ある講義の課題で、単位を左右するレポートに取り組みます。提出リミットは、2週間後。教授曰く、「引用を使いこなしているかもポイント」とのこと。しかし、引用を使いこなすとは?体裁に厳しい教授を満足させるレポートを果たしてあなたは書き上げることができるのでしょうか。Let’s Write & Cite!