【第1・2Q】景観文化財学(菊地真先生)


このガイドに掲載されている資料は、人文科学図書館のiMac PCエリアそばのKULiPコーナーもしくは所定の配架場所にあります。
OPACで資料の一覧を確認する

今後の運用の参考とするため「アンケート」へのご協力をお願いいたします。

考古学

cover

文化財保存70年の歴史 : 明日への文化遺産
文化財保存全国協議会編

担当教員からのコメント
特に遺跡に焦点をあて、戦後70年にわたる保存運動のあゆみを総括し、今後を展望します。

cover

遺跡保存の事典
【新版】
文化財保存全国協議会編

担当教員からのコメント
埋蔵文化財=遺跡は発掘報道で知られますが、実はほとんどが破壊されています。人類の遺産である遺跡をいかに保存するかを考えます。

cover

考古学で現代を見る
田中琢著

担当教員からのコメント
エッセイ集。発掘で何が分かるのか、考古学とナショナリズムの関係など、考古学と現代社会の関わりを浮き彫りにする。

cover

発掘を科学する
田中琢, 佐原真編

担当教員からのコメント
今日、考古学研究ではさまざまな科学的手法が応用されています。遺跡・遺物の科学研究成果を平易に紹介。

cover

考古学と化学をむすぶ
馬淵久夫, 富永健編

担当教員からのコメント
理化学的手法を考古学に応用して得られる数々の成果。年代、産地、食性など、考古学と化学の共同研究を紹介。

cover

水の中からよみがえる歴史 : 水中考古学最前線 : 文化交流展特別展示
九州国立博物館編.

担当教員からのコメント
水中に眠る、水中文化遺産。日本列島の代表的な事例から、歴史を復元した展示の記録。

cover

海洋考古学入門 : 方法と実践
木村淳, 小野林太郎, 丸山真史編著

担当教員からのコメント
海をめぐる考古学研究を総覧。水中遺産・沈没船から、島嶼・海民や海産物利用まで、考古学から復元する海と人。類書に『水中文化遺産 : 海から蘇る歴史』

cover

文明に抗した弥生の人びと
寺前直人著

担当教員からのコメント
日本列島の人類が大陸文化を受容したのが弥生時代。縄文・弥生の移行過程を新たな視点で考察しています。

cover

初期農耕活動と近畿の弥生社会 = What was the early agricultural society in Kinki?
森岡秀人, 古代学協会編

担当教員からのコメント
人間社会の発達過程を、農耕という生業を軸に、近畿の事例から総括的にまとめた本。原始古代研究の現状がよく分かります。

cover

骨ものがたり : 環境考古学研究室のお仕事
奈良文化財研究所飛鳥資料館, 埋蔵文化財センター環境考古学研究室執筆・編集.

担当教員からのコメント
考古学では動植物や地形・地層から過去の生活環境を復元する環境考古学も重要な分野です。動物骨の研究現場を紹介。

cover

地下の正倉院展 : 10年のあゆみ : 10周年記念
国立文化財機構奈良文化財研究所編

担当教員からのコメント
木簡は日本古代史の解明に大きな役割を果たしてきました。出土木簡を保存し研究する価値を伝える記録。

cover

戦争遺跡は語る
戦争遺跡保存全国ネットワーク編

担当教員からのコメント
近代の戦争を語る証拠、戦争遺跡。保存を通じて見えてくる、人類の戦争と平和への尊い教訓について考えます。

cover

よみがえる百舌鳥古墳群 : 失われた古墳群の実像に迫る
宮川徏著

担当教員からのコメント
百舌鳥古墳群の遺跡としての価値、地域における位置づけを丁寧に紹介。世界遺産とも、陵墓とも異なる視座を、あなたに。

cover

古市古墳群をあるく : 巨大古墳・全案内
久世仁士著

担当教員からのコメント
「百舌鳥古墳群をあるく」の姉妹編。国内第2位の規模の誉田山古墳ほか、古市古墳群の全古墳を探訪し、河内飛鳥の遺跡を考えます。

cover

百舌鳥古墳群をあるく : 巨大古墳・全案内
久世仁士著

担当教員からのコメント
古墳は人気の高い遺跡です。巨大な大山古墳をはじめ、百舌鳥古墳群の現存するすべての古墳を案内。

cover

世界遺産と天皇陵古墳を問う
今尾文昭, 高木博志編

担当教員からのコメント
百舌鳥・古市古墳群の世界文化遺産登録の活動が広がるが、肝心の古墳の呼び方は、関係者により違うのは何故か?天皇陵の諸問題を広く問いかける。

cover

天皇陵古墳を歩く
今尾文昭著

担当教員からのコメント
天皇陵古墳とは何か。古墳時代の支配体制解明に欠かせない「天皇陵」をたずね歩いて考えます。

cover

「陵墓」を考える : 陵墓公開運動の30年
「陵墓限定公開」30周年記念シンポジウム実行委員会編

担当教員からのコメント
多くの古墳が陵墓として立ち入りすら厳禁されています。戦後の公開要求運動から、天皇陵をめぐる問題をまとめます。

cover

陵墓と文化財の近代
高木博志著

担当教員からのコメント
古墳は天皇制の下で一部が陵墓に指定され、文化財保護と切り離されてきた。文化財が近代にどう扱われたかの歴史。

cover

天皇陵の解明 : 閉ざされた「陵墓」古墳
今井尭著

担当教員からのコメント
古代国家形成解明の鍵をにぎる、巨大古墳の多くは天皇陵で、研究者すら立ち入れません。「陵墓」古墳の実像を明らかにします。類書に『天皇陵古墳への招待』

cover

「陵墓」からみた日本史
日本史研究会, 京都民科歴史部会編

担当教員からのコメント
時代は「陵墓」とどう向き合ってきたか。古代から現在まで、忘れられたり、修復された「陵墓」の歴史を通して天皇制を見つめます。類書に『歴史のなかの天皇陵』

cover

天皇陵と近代 : 地域の中の大友皇子伝説
宮間純一著

担当教員からのコメント
大友皇子の墓は明治期に定められますが、滋賀県・千葉県で治定運動の長い対立がありました。天皇陵と地域の関わりを近代に読み解く。

cover

近代古墳保存行政の研究
尾谷雅比古著

担当教員からのコメント
近代日本で古墳を行政がどう取り扱ってきたか。国家理念や施策を背景とした、文化財行政の変遷をあとづける。

cover

歴史保存と伊場遺跡
椎名慎太郎, 遠江考古学研究会編

担当教員からのコメント
一度なされた文化財指定を取り消し、開発に供された唯一の文化財、伊場遺跡。その経過を振り返って、歴史保存の重要性を問う。『遺跡が消える : 研究と保存運動の現場から』は同種の事例をまとめる。

cover

古代地方木簡のパイオニア : 伊場遺跡
鈴木敏則著

担当教員からのコメント
伊場遺跡は、地方ではじめて100点を超す木簡が出土した遺跡。調査成果から、律令制下の地方社会に迫ります。

cover

難波宮跡の保存と裁判
難波宮跡訴訟記録保存会編.

担当教員からのコメント
大阪の都市開発から古代の難波宮跡が保存されるまでの動きを、特に裁判に重点を置いて整理しています。

cover

吉野ケ里 : 遺跡はこうして残った
山崎義次著

担当教員からのコメント
地域にとって貴重な遺跡が、ある日、跡形もなく無くなっている時がある。消滅の危機が幾度もあった吉野ヶ里遺跡の保存の記憶。

cover

吉野ケ里遺跡 : 保存と活用への道
納富敏雄著

担当教員からのコメント
九州を代表する弥生遺跡、吉野ヶ里遺跡の保存、整備と地域活性化の流れをたどります。

cover

煩悶する若き考古技師 : 高度経済成長期・埋蔵文化財行政の苦悩と池上曽根遺跡–ウラの遺跡保存運動
秋山浩三, 井藤徹, 池上曽根遺跡史研究会編

担当教員からのコメント
大阪平野の弥生時代遺跡として著名な池上曽根遺跡。高度経済成長期に発見され、保存されるまでの困難な過程を記録する。

cover

開発と考古学 : 市ヶ尾横穴群・三殿台遺跡・稲荷前古墳群の時代
田中義昭著

担当教員からのコメント
戦後日本の都市開発が考古学にもたらしたのは何だったのか。戦後開発と遺跡破壊の歴史を振り返る体験談。

cover

遺跡保護行政とその担い手
須田英一著

担当教員からのコメント
近現代に遺跡保護に携わった人々をとりあげ、地域社会や文化財政策の歴史と絡めて紹介し、遺跡保護の有り様について考えます。

cover

遺跡保護の制度と行政
和田勝彦著

担当教員からのコメント
文化庁で行政実務に携わった著者が、遺跡保護行政の歴史と制度、法解釈を詳しく解説。実務にも役立つ。

cover

考古学のための法律
久末弥生著

担当教員からのコメント
遺跡の発掘や遺物の取り扱いに関する事項を平易に解説。さらに活用や諸外国の法律との対比をしています。

cover

歴史を保存する
椎名慎太郎著

担当教員からのコメント
地域の歴史をどう守り伝えるか。時代の変化や開発の流れに押され、現場で模索する姿から、文化遺産の保存を考える。類書に『遺跡保存を考える』

cover

史跡保存の軌跡 : その苦闘の記録
平野邦雄著

担当教員からのコメント
文化庁で直面した史跡破壊をめぐる事例から、史跡の理念と学問の責任を明らかにし、史跡保存に指針を示す。

cover

激動の埋蔵文化財行政
高橋一夫, 岸本雅敏, 佐久間豊編

担当教員からのコメント
行政が社会経済の影響を受け、遺跡保存の根本が揺らいでいる。様々な立場から文化財行政の一端を追っています。

cover

文化遺産の危機と保存運動
文化財保存全国協議会編集.

担当教員からのコメント
遺跡など文化遺産が、高度経済成長の陰で破壊されてきた状況を訴え、保存運動の重要性を語ります。

cover

市民による文化財保護を : 松田のおばさん奮闘記
松田常子著

担当教員からのコメント
滋賀で長年、文化遺産の保護運動に携わった松田さんの活動をまとめる。市民のための保存活用実践記です。

cover

市民参加型調査が文化を変える : 野尻湖発掘の文化資源学的考察
土屋正臣著 = Regional culture is changed by the research with citizen participation : cultural resources studies of Nojiri-ko excavation / Masaomi Tsuchiya

担当教員からのコメント
長野県野尻湖の市民参加型発掘調査を事例に、市民の学び・知的探究と、地域に密着したフィールドワークが、共同して文化遺産の保全を導いてきた過程を丁寧に復元。

cover

日本とフランスの遺跡保護 : 考古学と法・行政・市民運動
稲田孝司著

担当教員からのコメント
日本とフランスの考古学事情を、法律、行政、市民活動について対比的に見ながら、遺跡保護のあり方を考察する。

cover

発掘調査のてびき
文化庁文化財部記念物課編 ; 集落遺跡発掘編, 整理・報告書編, 各種遺跡調査編.

担当教員からのコメント
遺跡を地中から掘り出す技術・知識とは。発掘調査、整理、報告書作成までのノウハウを解説。

cover

日本の史跡 : 保護の制度と行政
仲野浩編

担当教員からのコメント
文化財保護法に基づいた行政的な実施プロセス、実例と課題を取りあげ、史跡のあり方を具体的に示しています。

cover

精説文化財保護法
椎名慎太郎著.

担当教員からのコメント
1975年に現在の形を整えた文化財保護法の内容を、現場での適用を念頭に精緻に解説しています。

cover

埋蔵文化財白書
日本考古学協会編

担当教員からのコメント
日本における遺跡=埋蔵文化財の開発にともなう破壊、緊急調査、保存、活用といった取り組みの実態と課題をまとめています。

cover

江戸東京の下町と考古学 : 地域考古学のすすめ
【増補改訂版】
谷口榮著

担当教員からのコメント
古代大島郷として知られる葛飾柴又など、東京下町地域の特徴を、考古学の成果から描き出します。考古学と地域の関わり方の一例。

文化財

cover

掠奪されたメソポタミア
ローレンス・ロスフィールド著

担当教員からのコメント
アメリカなどが侵攻したイラク戦争。国立博物館の貴重な文化遺産はなぜ略奪されたのか。戦争の陰を明かし、文化遺産保護の教訓を示します。

cover

イスラームと文化財
野口淳, 安倍雅史編著

担当教員からのコメント
地域紛争が止まないイスラーム圏の諸国では、文化財もまた危機にさらされています。現地の文化財の実情と、保護・活用に尽力する取り組み。『文化遺産の保存と国際協力』はさらに全体的な考察。

cover

世界遺産パルミラ破壊の現場から : シリア紛争と文化遺産
西藤清秀, 安倍雅史, 間舎裕生編

担当教員からのコメント
紛争で破壊されたパルミラ遺跡。文化遺産の現状をたどり、シリアと文化遺産の復興への課題を見つめます。『世界遺産を平和の砦に : 武力紛争から文化を守るハーグ条約』は保護理念を示す。

cover

文化財返還問題を考える : 負の遺産を清算するために
五十嵐彰著

担当教員からのコメント
現在世界では、博物館が収蔵する資料の返還を求める動きが先住民やかつての植民地などで起きています。資料を巡る負の歴史について考えます。

cover

アジアにおける文化遺産の保存と救済
シルクロード学研究センター

担当教員からのコメント
アジアの文化遺産の保護を議論するシンポジウム。アンコール遺跡を主に取り上げる。『文化協力における民族と国家』は国際的な文化遺産保護の報告。

cover

文化遺産の保存と環境
石澤良昭編

担当教員からのコメント
文化遺産を具体的にどう保存し、周辺の環境や住民生活とすり合わせていくのか。アンコールの事例報告。

cover

中東欧の文化遺産への招待 : ポーランド・チェコ・旧東ドイツを歩く
四方田雅史, 加藤裕治編著

担当教員からのコメント
中世都市や炭鉱、工場、強制収容所跡など、中東欧の文化遺産を、歴史・社会的背景や観光との関わりと合わせて紹介。類書に『ソヴィエト・ロシアの聖なる景観 : 社会主義体制下の宗教文化財、ツーリズム、ナショナリズム』

cover

消滅遺産 : もう見られない世界の偉大な建造物
ナショナルジオグラフィック編

担当教員からのコメント
バーミヤンの石仏など、近年の争乱などで失われた文化遺産を紹介し、住民の、人類にとっての遺産保護を考える。類書に『人類の歴史を護れ : 戦中・戦後における文化遺産の保護と国際協力』

cover

文化財/文化遺産としての民俗芸能 : 無形文化遺産時代の研究と保護
俵木悟著

担当教員からのコメント
無形文化遺産すなわち民俗芸能は、人間生活とともに常に変化する。祭りや芸能がいかに文化財となるか、保護の意義や研究課題を示す。類書に『民俗文化財 : 保護行政の現場から』

cover

無形文化遺産とは何か : ユネスコの無形文化遺産を新たな視点で解説する
七海ゆみ子著

担当教員からのコメント
無形文化遺産とは何でしょうか?登場の背景、条約のしくみなど、他の世界遺産と比べながら詳細に解説。

cover

世界遺産 : 理想と現実のはざまで
中村俊介著

担当教員からのコメント
世界遺産をめぐる様々な問題から保存のあり方を考える。類書に『世界遺産が消えてゆく』『世界遺産 : ユネスコ事務局長は訴える』

cover

ヒトと環境と文化遺産 : 21世紀に何を伝えるか
網野善彦, 後藤宗俊, 飯沼賢司編

担当教員からのコメント
人間と文化財、自然環境の保存を問う。現代社会における文化遺産保護の日本や海外の例から課題を考えます。

cover

世界文化遺産の思想
西村幸夫, 本中眞編

担当教員からのコメント
世界文化遺産の理念・歴史・制度を解説し、現場の課題や取組みを紹介しています。類書に『世界遺産学を学ぶ人のために』

cover

文化遺産はだれのものか : トルコ・アナトリア諸文明の遺物をめぐる所有と保護
田中英資著

担当教員からのコメント
過去の痕跡はどうやって、国や民族、あるいは人類の文化遺産となるのか。トルコの遺物をめぐる言説から、文化遺産概念を問い直す。

cover

最新改正文化財保護法
文化財保護法研究会編著

担当教員からのコメント
文化的景観が新たに加わった2005年改正施行を受けた、文化財保護法を紹介。

cover

文化財と近代日本
鈴木良, 高木博志編

担当教員からのコメント
陵墓、神話、戦争展示など、日本における文化財の位置づけを近代史の視点からとらえています。

cover

コロニアリズムと文化財 : 近代日本と朝鮮から考える
荒井信一著

担当教員からのコメント
地域や民族の歴史を物語る文化財は誰のものか。近代のナショナリズムと支配や略奪の経緯をたどり、人類の遺産としてのあり方を考える。

cover

近代日本の史蹟保存事業とアカデミズム
齋藤智志著

担当教員からのコメント
近代に文化財がどう認識され、顕彰されてきたか。歴史学や考古学が、ナショナリズムやアイデンティティ形成に寄与した実態を示します。

cover

文化財の社会史 : 近現代史と伝統文化の変遷
森本和男著

担当教員からのコメント
文化財が近代日本が成立していくなかで、どのように認識され、扱われてきたのかを探る。

cover

文化財政策概論 : 文化遺産保護の新たな展開に向けて
川村恒明監修・著 ; 根木昭, 和田勝彦編著

担当教員からのコメント
文化財政策は保存と活用の両面で、新たな理念、枠組みの再構築を迫られています。政策面から「文化財保護」の実態を分析しています。

cover

文化財保護の実務
児玉幸多, 仲野浩編 ; 上, 下.

担当教員からのコメント
各文化財の内容、指定の課題、保存活用の方法を関係者が内側から解説し、問題提起する。今も色あせない入門書。

cover

よみがえる鉄道文化財 : 小さなアクションが守る大きな遺産
笹田昌宏著

担当教員からのコメント
廃棄物として処分されかけた鉄道文化財が、市民の手で救い出され、守られた事例を紹介。

cover

探訪ハンドブック
野呂肖生執筆 ; 石井進監修

担当教員からのコメント
文化財を見学する時のガイド。1巻は文化財保護の概要や豆知識。 続巻で考古学・寺社・町並み・城・庭園・石造物・仏像・陶磁器・古文書・史跡を網羅。

自然

cover

日本史と環境 : 人と自然
平川南編

担当教員からのコメント
日本列島の自然環境を復元しつつ、自然観や環境観が歴史的にどう変遷してきたかをたどる。全5巻で古代-現代を網羅。

cover

アメリカの環境主義 : 環境思想の歴史的アンソロジー
R.F.ナッシュ編著 ; 栗栖聡, 藤川賢, 川島耕司共訳

担当教員からのコメント
アメリカにおける環境保護運動の歴史をひもとき、現代の環境主義思想の展開を説く。自然保護思想などの考えを一望できる。

cover

ナチスと自然保護 : 景観美・アウトバーン・森林と狩猟
フランク・ユケッター著 ; 和田佐規子訳

担当教員からのコメント
急速に工業・都市化したドイツで、人々は自然の荒廃に立ち向かい、ヨーロッパで先進・画期的な法律とされる帝国自然保護法を勝ち取ります。ナチス時代の自然保護の実像。

cover

コモンズ訴訟と環境保全 : 入会裁判の現場から
中尾英俊, 江渕武彦編

担当教員からのコメント
コモンズ論で入会権が評価されています。入会地の紛争事例から、環境保全機能の実態を明らかにしています。

cover

歩く、見る、聞く人びとの自然再生
宮内泰介著

担当教員からのコメント
自然再生に携わる人びとを訪ね、利害対立を話し合いで乗り越え、時に人の手を加えて自然を再生する様相を丁寧に描く。

cover

ジオツーリズムとエコツーリズム
深見聡著

担当教員からのコメント
ジオパーク、エコパークの定義と背景を踏まえ、自然環境を活かした観光まちづくりのあり方を事例から学ぶ。『ジオパークを楽しむ本』は日本列島のジオサイトのガイドブック。

cover

自然保護の法と戦略
【第2版】
山村恒年著

担当教員からのコメント
失われてゆく自然を引き継ぐために、私たちはどうすべきか。国際動向もふまえ、自然と法と人間のかかわり方を説く。類書に『自然保護学入門 : ひとと自然をつなぐ』

cover

日本の天然記念物 : 自然紀行
鎌倉の自然を守る連合会運動史編纂委員会編.

担当教員からのコメント
2003年時点の、国指定の天然記念物を収録。都道府県別に植物、動物、地質・鉱物を解説しています。類書に『探訪ひょうごの天然記念物』『世界自然遺産で見る地球46億年』

cover

失われた北川湿地 : なぜ奇跡の谷戸は埋められたのか?
三浦・三戸自然環境保全連絡会編

担当教員からのコメント
多くの希少種が存在した、神奈川県最大規模の湿地が埋め立てられた。環境破壊反対の記録に留まらず、自然保護のエコパーク構想をも提示。

cover

鎌倉広町緑地保全運動史 : 25年にわたる市民運動の記録と資料
鎌倉の自然を守る連合会運動史編纂委員会編.

担当教員からのコメント
広町緑地周辺の自治会・町内会が知恵を集めて進めてきた運動は、鎌倉に都市林(都市公園)を残すことに結実しました。市民が社会に何をなすかという社会活動・実践の記録。

建造物

cover

現代の建築保存論
鈴木博之著

担当教員からのコメント
建築保存の論考を集める。建造物の保存と文化財保護法との関わり、近現代の歴史的建造物と都市との関わりなど。

cover

保存原論 : 日本の伝統建築を守る
鈴木博之執筆

担当教員からのコメント
建築史家が、伝統的建造物の保存の記録をまとめる。建造物の現地保存という課題は、人と地域の歴史に関わっています。

cover

建築と都市の保存再生デザイン : 近代文化遺産の豊かな継承のために
田原幸夫, 笠原一人, 中山利恵編 ; 石田潤一郎 [ほか] 著

担当教員からのコメント
近代の建築・街並みを都市の一部としてどう継承するか、保存活用事例を集めて検討しています。類書に『都市遺産の保存研究』

cover

建築遺産の保存その歴史と現在
【アルヒーフ】
ユッカ・ヨキレット著 ; 秋枝ユミイザベル訳

担当教員からのコメント
歴史的建造物が、地域社会によってどのように扱われ、破壊や保存の経緯をたどって来たのか。ヨーロッパの建築遺産の史的変遷をたどる。

cover

世界の野外博物館 : 環境との共生をめざして
杉本尚次著

担当教員からのコメント
急速に失われてゆく民家などを保存・公開する野外博物館。野外博物館の歩みと意義、取組みを解説します。類書に『世界の民家園 : 移築保存型野外博物館のデザイン』

cover

野外博物館の研究
【改訂増補】
落合知子著

担当教員からのコメント
野外博物館について、遺跡、伝統的建造物群、景観地、近代遺産等を含めて捉える。地域歴史遺産の保存活用という面から、町おこしとの接続も見通す。

cover

産業遺産とまちづくり
矢作弘著 ; 末松誠写真

担当教員からのコメント
産業遺産を実際に動態保存し、地域の資源としてまちづくりや観光に活かしている各地の試みを紹介しています。類書に『産業化の歴史と景観』

cover

産業遺産の記録
J-heritage著 ; ワンダーJapan編

担当教員からのコメント
日本の近代化を支えて来た建造物が、次々と姿を消しています。まだ利用出来たのでは、との思いから、全国の産業遺産の魅力を紹介。類書に『産業遺産 : 「地域と市民の歴史」への旅』

cover

産業遺産を歩こう : 初心者のための産業考古学入門
平井東幸, 種田明, 堤一郎編著

担当教員からのコメント
日本に残るさまざまな産業遺産を紹介。産業遺産を研究する「産業考古学」の入門書です。

cover

日本の産業遺産 : 産業考古学研究
山崎俊雄, 前田清志編

担当教員からのコメント
産業革命以降の技術史を回顧しながら、日本の技術史と産業考古学の発達を考察している。1986年刊『日本の産業遺産』の新装版。

cover

日本全国産業博物館めぐり : 地域の感性を伝える場所
武田竜弥編著

担当教員からのコメント
産業に関する資料を系統的に収集・保存・展示する博物館を取り上げ、産業史や企業史とともに紹介しています。

cover

登録有形文化財 : 保存と活用からみえる新たな地域のすがた
佐滝剛弘著

担当教員からのコメント
登録有形文化財の建造物等を網羅的に紹介。地域づくり、観光の資源としての側面も押さえる。類書に『むかしの家に学ぶ : 登録文化財からの発信』

cover

歴史的町並み事典
観光資源保護財団編.

担当教員からのコメント
城下町、宿場など、列島各地に残る歴史的町並みを集成し、解説を加えた事典です。類書に『証言・町並み保存』『歴史ある建物の活かし方 : 全国各地119の活用事例ガイド』

cover

芦屋の和洋館よとわに : 阪神間モダニズムの興亡と継承
福嶋忠嗣著 ; 芦屋洋館建築研究会編

担当教員からのコメント
住宅地で知られる芦屋には、近代の和洋館が沢山ありました。消えゆく建物を惜しみ、その建築を記録しています。類書に『旧グッゲンハイム邸物語 : 未来に生きる建築と、小さな町の豊かな暮らし』『歴史のなかの上ケ原 : 西宮市上ケ原、古墳から震災まで』

cover

ヴォーリズ六甲山荘物語
清水彬久[ほか]編.

担当教員からのコメント
阪神間にはいくつもの洋風建築が残され、ヴォーリズが建てた六甲山荘もその一つです。近代にレジャーの地として発見された六甲を代表する山荘を紹介。

cover

モダニズムの記憶 : 建築でたどる北摂の近代
池田市立歴史民俗資料館編集.

担当教員からのコメント
阪神間モダニズムとは何か。池田市などの近代建築を紹介し、戦前の阪神間の社会文化的特徴を考えます。

cover

ル・コルビュジエは生きている : 保存、再生そして世界遺産へ
南明日香著

担当教員からのコメント
世界遺産、コルビュジェの現代建築。建築を歴史の証人ととらえ、保存再生へと取り組むフランスの活動を紹介する。

cover

重文民家と生きる
全国重文民家の集い編著

担当教員からのコメント
保存されている民家には、人々の長い暮らしが刻まれています。保存に悩みつつ民家に住まう人たちの物語。

cover

よみがえった茅葺きの家
いるか設計集団編

担当教員からのコメント
神戸市北区に残る江戸時代の大前家住宅を、移築再生した記録。茅葺き民家の登録有形文化財の移築例として貴重。

cover

文化財建造物の保存修理を考える : 木造建築の理念とあり方
文化財建造物保存技術協会監修・編集

担当教員からのコメント
古社寺などの建造物の保存・修理の歴史や事例、理念、あり方を議論したシンポジウム記録です。

cover

古建築を復元する : 過去と現在の架け橋
海野聡著

担当教員からのコメント
原始古代への想像をかきたてる復元建物。発掘遺構などの僅かな資料をつなぎ合わせ、古建築を復元する様子を紹介。類書に『発掘遺構から読み解く古代建築』

cover

唐招提寺の歴史と景観に関する調査研究
奈良文化財研究所著作

担当教員からのコメント
奈良・唐招提寺の復元のため、寺院の歴史や景観がどう形成されてきたかを調査した報告書。

景観

cover

歴史的環境 : 保存と再生
木原啓吉著.

担当教員からのコメント
世界・日本の文化遺産保全運動と関連する政策の歴史を整理し、成果と課題を堅実な理論を背景に述べる。歴史的環境を知る格好の教科書。

cover

文化的景観 : 生活となりわいの物語
金田章裕著

担当教員からのコメント
文化的景観は日本の文化財の新しい概念です。生活と生業を物語る景観をどう捉え、守るか。地理学者の問いかけ。

cover

エコミュージアム・理念と活動 : 世界と日本の最新事例集
日本エコミュージアム研究会編

担当教員からのコメント
エコミュージアムの国内と海外それぞれの現状を、豊富な写真とデータで紹介。類書に『エコミュージアム : 21世紀の地域おこし』

cover

エコミュージアムへの旅
大原一興著

担当教員からのコメント
地域全体をまるごと博物館と見立てる、エコミュージアム。地域文化の保存活用手法を、詳しく紹介。

cover

町並み保存のネットワーク
宮澤智士編 ; 三沢博昭写真.

担当教員からのコメント
町並み保存とは何か、どんなプロセスで、何が保存されているのか。多様な事例から、歴史的町並みについて考える。基本的事項が分かる。

cover

日本の世界文化遺産を歩く
藤本強著

担当教員からのコメント
日本の世界文化遺産11か所を訪れ、それぞれの歴史的意味、現在の景観等について紹介。

cover

歴史的景観とまちづくり
西山夘三著

担当教員からのコメント
歴史的景観を文化財と捉え、日本各地の歴史的町並みや建造物の保存活用例の成功・失敗例から、まちづくりのあり方を問いかけます。

cover

文化遺産と生きる
飯田卓編

担当教員からのコメント
文化遺産を支えるコミュニティに着目。無形遺産の担い手、遺産と住民の生活・観光化をめぐる課題を検討する。

cover

文明史のなかの文化遺産
飯田卓編

担当教員からのコメント
文化遺産を支えるコミュニティに着目。地域住民との関係性、変化する伝承、新旧コミュニティのあり方を検討する。

cover

震災後の地域文化と被災者の民俗誌 : フィールド災害人文学の構築
高倉浩樹, 山口睦編

担当教員からのコメント
被災後の人びとと地域社会の変化を、民俗学・人類学・宗教学の立場で見つめ、生活文化が災害からの再生と減災に果たす役割を考察します。

cover

世界遺産バリの文化戦略 : 水稲文化と儀礼がつくる地域社会
海老澤衷編

担当教員からのコメント
棚田で特徴的なバリ島のスバック(水利組織)という文化遺産はどう形成され、人や自然と結びついてきたのか。その背景を解き明かします。

cover

英国ナショナル・トラスト = The National Trust
[清水順子編].

担当教員からのコメント
イギリスを代表する自然・文化保護の仕組みである、ナショナル・トラスト。トラスト活動の概要と保護区域を紹介。類書に『ナショナル・トラストへの招待』

cover

水と世界遺産 : 景観・環境・暮らしをめぐって
秋道智彌編

担当教員からのコメント
水をキーワードに、世界遺産が抱える自然保護、観光、住民とのあつれきといった課題を取りあげ、世界遺産と環境や暮らしとの関わりを見つめます。

cover

中国の歴史都市 : これからの景観保存と町並みの再生へ
大西國太郎, 朱自煊編 ; 井上直美監訳

担当教員からのコメント
日中共同調査により、中国の歴史都市における日常生活や、景観保存、町並みの修復を明らかにしています。

cover

文化的景観を評価する : 世界遺産富山県五箇山合掌造り集落の事例
垣内恵美子著

担当教員からのコメント
文化的景観について、観光や地域振興との関わりから評価方法を検討。類書に『文化財の価値を評価する : 景観・観光・まちづくり』

cover

岩泉・海と小本 : 東日本大震災を経て、ふるさとを見る・知る・探るビジュアル史料
岩手県立大学総合政策学部編

担当教員からのコメント
震災以前、2011年震災時、復興の日常風景を記録。岩泉の自然と社会について解説を加えた地誌。

cover

棚田の自然景観と文化景観
春山成子編著

担当教員からのコメント
文化的景観に選定される例も多い棚田。棚田を文化、自然の各方面から掘り下げ、守り伝える意義を追究。類書に『棚田保全の歩み : 文化的景観と棚田オーナー制度』

cover

秩父地域まるごと博物館構想シンポジウム報告集

担当教員からのコメント
埼玉県秩父地域でエコミュージアムの活動を続けている関係者が集ったシンポジウムの記録です。

cover

今井の町並み
渡辺定夫編著

担当教員からのコメント
中世末の町並みが残る橿原市今井町。町並み保存の流れをふりかえり、広く日本の町並み保存について考えます。

cover

重要文化的景観への道 : エコ・サイトミュージアム田染荘
海老澤衷, 服部英雄, 飯沼賢司編

担当教員からのコメント
大分県豊後高田市の田染荘は、平安から中世の荘園です。田染荘の歴史的、文化的意義を多方面から探ります。

cover

真壁の町並み : 伝統的建造物群保存対策調査報告書
河東義之, 藤川昌樹編集.

担当教員からのコメント
茨城県真壁の町並み保存の報告書。真壁は2011年の東日本大震災で被災しました。

cover

よみがえれ和歌の浦 : 景観保全訴訟全記録
和歌の浦景観保全訴訟の裁判記録を刊行する会編

担当教員からのコメント
万葉集以来の美しい景勝地、和歌の浦の景観保全を求めた住民訴訟の全記録。歴史的景観権を問いかける本書は、市民目線の文化財保存の良き参考書です。

cover

「鞆の浦」の歴史保存とまちづくり : 環境と記憶のローカル・ポリティクス
森久聡著

担当教員からのコメント
道路建設と保存で揺れた鞆の浦。なぜ人々は鞆港を守る運動に尽力したのか。地域の歴史、社会、政治風土と人々の記憶から全容を解明。

cover

異人館復興 : 神戸市伝統的建造物修復記録
【住まいの図書館出版局】
神戸市教育委員会編

担当教員からのコメント
1995年の震災で大きな被害を受けた、神戸市北野の異人館群の復興過程を記録しています。

cover

異人館のあるまち神戸 : 北野・山本地区伝統的建造物群調査概要
奈良国立文化財研究所, 神戸市編.

担当教員からのコメント
神戸の異人館は、伝統的建造物群保存地区という文化財でもあります。本書は選定に至る報告書の概要版です。

cover

異人館のあるまち神戸 : 北野・山本地区伝統的建造物群調査報告
奈良国立文化財研究所, 神戸市教育委員会編.

担当教員からのコメント
神戸の異人館は、伝統的建造物群保存地区という文化財でもあります。選定に至る基本事項をまとめた報告書。

cover

異人館のある町並み北野・山本
神戸市教育委員会事務局社会教育部文化財課編.

担当教員からのコメント
神戸の異人館は港で働く外国人の町として形成、発達してきました。観光地で知られる町並みの保存活動をまとめたガイドブック。

cover

古代景観の復原
日下雅義著

担当教員からのコメント
大地に刻まれた古代人の多様な営みと知恵を掘り起こし、万葉集にうたわれた景観を復元しています。

cover

古地図で見る神戸 : 昔の風景と地名散歩
大国正美著

担当教員からのコメント
神戸の一昔前の風景を、古地図をもちいてたどる。神戸散策にも使える歴史ガイド。

cover

歴史まちづくり法ハンドブック
歴史まちづくり法研究会編集

担当教員からのコメント
歴史まちづくり、という「まちづくり」に歴史文化を取り込む制度。仕組みを紹介し、活用方法を紹介するハンドブック。

cover

ランドスケープ制度論考 : 景観法、歴史まちづくり法、都市緑地法等都市におけるランドスケープ関連法制度に関する考察
舟引敏明著

担当教員からのコメント
都市の景観形成に関わる景観法、歴史まちづくり法、都市緑地法について説く。

cover

日本の文化的景観 : 農林水産業に関連する文化的景観の保護に関する調査研究報告書
文化庁文化財部記念物課監修

担当教員からのコメント
近代以降著しく変化した農林水産業を中心に、文化的景観の現状をまとめた調査報告。

cover

都市の文化と景観
採掘・製造、流通・往来及び居住に関連する文化的景観の保護に関する調査研究会編

担当教員からのコメント
文化的景観は近代化のなかで残されてきた景観の保護を目的としています。都市や産業遺産に関わる景観の調査報告。

cover

北野『雑居地』ものがたり
北野『雑居地』ものがたり執筆・編集委員会著

担当教員からのコメント
明治開港後に外国人と日本人の雑居地として始まった北野。その歴史と現在の町並み保存の過程を振り返ります。

cover

景観用語事典
【増補改訂版】
篠原修編

担当教員からのコメント
景観とは何か。建築学等で一般的な概念をまとめ、文化的景観といった風景までを項目ごとに解説。類書に『景観法と景観まちづくり』『景観利益の保護法理と裁判』

活用

cover

歴史的遺産の保存・活用とまちづくり
【改訂版】
大河直躬, 三舩康道編著 ; 梅津章子 [ほか] 著

担当教員からのコメント
歴史的遺産の保存から活用、まちづくりを考えます。法制度、アメリカや日本の実践例、都市計画での位置付けなど。

cover

歴史的遺産の保護
加藤一郎, 野村好弘編

担当教員からのコメント
文化遺産を守る手法とは。法律学の立場から、歴史保全活動が盛んなアメリカを中心に、日本やアジア太平洋諸国の法制度の現状と問題点を明らかに。

cover

イスラエルの文化遺産マネジメント : 遺跡の保護と活用
岡田真弓著

担当教員からのコメント
イスラエル建国以来の遺跡保全を、制度と実態から丁寧に示す。文化遺産をめぐる価値観の衝突の歴史から学ぶ課題。

cover

遺跡と観光
澤村明著

担当教員からのコメント
遺跡が地域にもたらす様々な「効果」について経済学の立場から分析。文化遺産を観光や地域社会の持続的発展にどう活かすかを懇切に語る。

cover

遺跡をさぐり、しらべ、いかす : 奈文研六〇年の軌跡と展望
国立文化財機構奈良文化財研究所編

担当教員からのコメント
奈良文化財研究所の60年の調査研究成果を紹介する講演会記録。遺跡を発掘して歴史を明らかにし、さらに後世へと伝える取り組み。

cover

観光の地理学 = Geography of tourism
立命館大学地理学教室編

担当教員からのコメント
観光の歴史的変遷、観光産業の分析、新たなツーリズムの批判的検討など、地理学からアプローチした観光研究。

cover

史跡整備と博物館
青木豊編

担当教員からのコメント
幅広く史跡整備の実態を把握し、公開・活用手段としての博物館の必要性を説きます。

cover

城と石垣 : その保存と活用
峰岸純夫, 入間田宣夫編

担当教員からのコメント
中世史研究者であり、城郭保存にも長年取り組んできた2人が紹介する、城・石垣の活用と保存方法。

cover

世界遺産と地域再生 : 問われるまちづくり
【改訂版】
毛利和雄著

担当教員からのコメント
世界遺産は地域再生に役立つのか。日本国内の登録遺産などの現場を歩いて検討する。初版『世界遺産と地域再生』

cover

生きている文化遺産と観光 : 住民によるリビングヘリテージの継承
藤木庸介編著

担当教員からのコメント
地域活性化の手段として重視される観光推進と、文化遺産・生活文化の保全との両立の方法を探っています。類書に『世界遺産の地域価値創造戦略 : 地域デザインのコンテクスト転換』

cover

地域おこしと文化財
笹本正治著

担当教員からのコメント
文化財を地域おこしにどう役立てるかを、著者のフィールドである長野の博物館活動、まちづくりの事例から考察。類書に『景観形成と地域コミュニティ』『都市保全計画 : 歴史・文化・自然を活かしたまちづくり』『未来の景を育てる挑戦』

cover

地域コミュニティ再生とエコミュージアム
深見聡著

担当教員からのコメント
協働社会のまちづくりを、地域コミュニティ論やエコミュージアムという仕組みに立脚して論じています。

cover

地域と文化財 : ボランティア活動と文化財保護
渡邊明義編

担当教員からのコメント
地域の資料をめぐる、ボランティアによる保存活動の方法や具体例をまとめている。

cover

地域を活かす遺跡と博物館 : 遺跡博物館のいま
青木豊, 鷹野光行編

担当教員からのコメント
各地の遺跡博物館の現状と課題を整理し、いま求められる遺跡の保存活用、教育効果について考察する。

cover

地域文化財の保存・活用とコミュニティ : 山梨県の擬洋風建築を中心に
森屋雅幸著

担当教員からのコメント
文化財の保存活用で重要なのは地域主義である。山梨から発信する遺産保全と地域住民の取り組みです。類書に『京都の近代化と伝統の形成―歴史資料の保存と活用』『京都から考える都市文化政策とまちづくり』

cover

風水害と観光客の増大による世界遺産の劣化と保全 : 紀伊山地の霊場と参詣道を事例として
山本晴彦編著

担当教員からのコメント
世界遺産、紀伊山地の霊場と参詣道で生じている問題から出発し、文化財の損傷事例を丹念に取り上げる。指定後の保全の重要性がよく分かる。

cover

文化遺産と現代
土生田純之編

担当教員からのコメント
保存活用と地域・市民社会の関係など、社会学、考古学、歴史学、建築学の立場から、文化遺産のあり方を検証する。

cover

文化遺産と地域経済
澤村明著

担当教員からのコメント
経済的視点から、博物館資料や文化財といった地域の文化遺産について考察し、活用のあり方を探ります。類書に『芸術祭と地域づくり : “祭り”の受容から自発・協働による固有資源化へ 』

cover

文化遺産の保存活用とNPO : 法政大学第27回多摩シンポジウム報告集
法政大学多摩シンポジウム実行委員会編

担当教員からのコメント
文化財の保存活用で市民が活躍しています。NPOや地域との連携を考える上で参考になります。岩田書院ブックレット。

cover

歴史遺産と環境
文化財保存修復学会編

担当教員からのコメント
文化遺産、環境や景観を守っていくための方法を、観光・景観論・修復・保存科学・災害など、多様な観点から紹介。

cover

広域に所在する文化財群の調査と活用
兵庫県歴史文化遺産活用活性化実行委員会編集 ; [2013], [2014], [2015].

担当教員からのコメント
兵庫県内にはさまざまな文化遺産が点在しています。活用に向けた調査報告。

cover

実験パブリックアーケオロジー : 遺跡発掘と地域社会
松田陽著

担当教員からのコメント
考古学、遺跡調査は地域のコミュニティとどう関わり、人々と過去の魅力を深め、その保存に携わったらいいのか。筆者の実践を通じた問い。

cover

フランス都市文化政策の展開 : 市民と地域の文化による発展
長嶋由紀子著

担当教員からのコメント
20世紀後半のフランスにおける文化政策の展開を読み解く。文化をめぐる「共治」の成立と実践過程を探究する。

cover

遺跡保存の事典
文化財保存全国協議会編

担当教員からのコメント
遺跡保存は日本でどのように取り組まれてきたのか。文化財保存運動についてまとめた初の事典。

cover

奈良世界遺産と住民運動
石部正志, 杉田義, 浜田博生著

担当教員からのコメント
世界遺産である奈良は同時に、都市生活や観光開発の波にさらされています。奈良の自然と文化を守る活動と意義を考察。

cover

文化政策の展望
小林真理編

担当教員からのコメント
文化遺産の地域での活用は、自治体による文化政策として取り組まれている。文化政策の課題と可能性を洗い出す。3冊シリーズ。

cover

歴史都市の破壊と保全・再生 : 世界のメトロポリスに見る景観保全のまちづくり
アンソニー・M・タン著 ; 世界都市保全研究会訳

担当教員からのコメント
ニューヨークで景観の保存に携わった著者が、世界を取材し、歴史の積み重ねられてきた都市文化財の破壊と再生を明らかにしています。

cover

にぎわいを呼ぶイタリアのまちづくり : 歴史的景観の再生と商業政策
宗田好史著

担当教員からのコメント
歴史的景観と都心コミュニティを守るための規制、施策がイタリアの観光・商業を再生させた様相から、都市計画の役割を問う。類書に『文化・景観・ツーリズム : イタリア観光再生計画の現在』

cover

グローバル/ローカル : 文化遺産
石澤良昭, 丸井雅子共編

担当教員からのコメント
国際社会と国家、地域のはざまで、アンコール遺跡は何を訴えているのか。文化遺産保存とアイデンティティー、パブリックの問題等々を検討する。

関連リンク

地理学教室 リンク

※本ページの書影は紀伊國屋書店ウェブストアのものを利用しています。書店で書影が登録されていないものは「No Photo」が表示されます。

授業情報

担当教員

菊地 真
神戸大学研究者紹介システム / 研究科webサイト

シラバス・開講情報

・第1Q:1L009-金2/シラバス
・第2Q:2L009-金2/シラバス

うりぼーポータル
神戸大学LMS BEEF(学修支援システム)