企業の情報を集める

図書館では、次のようなデータベースが使えます。
また『日経ビジネス』『週刊東洋経済』などのビジネス誌を所蔵しています。

  • 会社四季報
    《同時アクセス:5》
    国内全ての上場企業の情報を収録しています。
    「ジャパンナレッジLib」にログイン後、「詳細(個別)検索」で検索コンテンツを「会社四季報」に指定して検索してください。
     
  • 日経プロフィル
    《同時アクセス:20》
    上場企業をはじめ、主要約3万社のデータが収録されています。
    「日経テレコン」でタブの中から「企業検索」を選択することで、企業名だけでなく所在地や業種から検索が行えます。
     
  • eol
    《同時アクセス:2》
    国内株式公開企業を中心に約6,000社の企業情報が収録されています。業種名での検索、本社所在地での絞り込み等もできます。
    “eol”トップページの”Automatic login”からログインして下さい。
     
  • EDINET
    「金融商品取引法に基づく有価証券報告書等の開示書類に関する電子開示システム」です。過去5年以内に各社から提出された有価証券報告書データが閲覧可能です。
     
  • 有価証券報告書の探し方 [PDF: 1.4MB]
    本学経済経営研究所企業資料総合センター作成の有価証券報告書の探し方についての資料です。
     

最新の情報を入手する

新聞を利用することで、企業の最新の動向や情報が分かります。
また新聞社のデータベースの中には企業情報に特化した検索が行えるものや就職活動の特集が容易に見つけられるようになっているものもあります。

  • 日経テレコン
    《同時アクセス:20》
    一般の新聞記事検索のほか、「企業検索」や「人事検索」から企業の情報を入手することができます。
     
  • ヨミダス歴史館
    《同時アクセス:1》
    「すぐ読む お薦め連載」コーナー内の「平成」 >「就活 仕事」に、特集「就活ON!」があり、同特集の記事を一覧することができます。
     
  • 聞蔵IIビジュアル: 朝日新聞記事データベース
    《同時アクセス:3》
    「検索モード」を「ナビ検索」にすると、ジャンルの欄に「就活応援」が表示され、就活に関する新聞記事や特集記事を一覧することができます。
     

企業が出版した図書(社史等)を読む

社史とは、企業が自社の歴史を記録したものです。社史を読むことで調査する企業の経緯や理念がより深く分かります。

  • 社史の探し方 [PDF: 969KB]
    本学経済経営研究所企業資料総合センターによる本学における社史の探し方に関する説明です。
     
  • 神戸大学附属図書館蔵書検索 OPAC
    本学に所蔵のある資料はOPACから検索可能です。企業名をキーワードにして検索すると、その企業に関する資料がヒットする可能性があります。
    また詳細検索で検索対象を「標準分類」として”335.48“と入力し、企業名と併せて検索することで社史に絞った検索も行えます。
     
  • CiNii Books
    国内他大学/機関の所蔵を検索することができます。
    資料によっては資料そのものや内容のコピーの取り寄せが可能です。詳細はこちらからご確認ください。