3C081 非言語コミュニケーション論(山本真也)


授業情報

担当教員

山本 真也
神戸大学研究者紹介システム / 研究科webサイト

シラバス・開講情報

・後期:3C081-月4/シラバス
うりぼーポータル

キーワード

心理学 比較認知科学 進化心理学 社会心理学 進化 霊長類 動物 コミュニケーション 協力 文化

授業資料ガイド

このガイドに掲載されている資料は、総合・国際文化学図書館のKULiPコーナーでご利用いただけます。
また各資料のタイトルをクリックするとOPACにリンクします。
OPACで資料の一覧を確認する
印刷用ガイド (pdf: 667kB)

コンテンツ

教科書

cover

心と行動の進化を探る : 人間行動進化学入門
五百部裕, 小田亮編 ; 五百部裕 [ほか] 著

担当教員からのコメント
人間行動に関わる研究成果から「心の進化」を解説した人間行動進化学の入門テキストです。第2章「ヒトはなぜ助け合うのか?」を山本が書いています。ぜひ読んでください。

参考文献

岩波講座コミュニケーションの認知科学 / 安西祐一郎 [ほか] 編集

担当教員からのコメント
様々な科学領域の最新の研究成果を踏まえ、コミュニケーション論に実証的・合理的な解答を与えようと試みている教科書です。第4巻「社会のなかの共存」で山本も一章を執筆しています。

cover

言語と身体性
今井むつみ, 佐治伸郎 [編著] ; 山崎由美子 [ほか著]

cover

共感
梅田聡編 ; 梅田聡 [ほか著]

cover

母性と社会性の起源
開一夫 [編著] ; 菊水健史 [ほか著]

cover

社会のなかの共存
山岸俊男, 亀田達也 [編著] ; 巌佐庸 [ほか著]

cover

自立と支援
片山容一編 ; 片山容一 [ほか著]

参考文献:人間行動の進化

cover

進化と人間行動
長谷川寿一, 長谷川眞理子著

担当教員からのコメント
最新の進化生物学の知識をもとに、人間の行動や心理を解明するためのアプローチ方法を概説しています。進化心理学でもっともポピュラーな教科書です。

参考文献:心の進化

cover

心の進化 : 人間性の起源をもとめて
松沢哲郎, 長谷川寿一編

担当教員からのコメント
ダーウィン進化学の文脈で人間性を捉え直し、心の進化・心の現在を浮き彫りにします。従来の学問領域の枠組みを越えて論を展開しています。進化心理学・比較認知科学の視点から人間性について考察しています。

参考文献:比較認知科学

cover

比較認知科学への招待 : 「こころ」の進化学
藤田和生著

担当教員からのコメント
ヒトを含めた様々な動物の認知機能を分析・比較し「こころ」の進化を解明すると共に、比較認知科学の全貌と世界的な潮流を紹介しています。比較認知科学を学ぶための教科書です。

参考文献:ヒトとはなにか

cover

ヒューマン : なぜヒトは人間になれたのか
NHKスペシャル取材班 [編]

担当教員からのコメント
人類がホモ・サピエンスになってから約20万年の間に進化した脳と共に、その脳がつくりあげた心の進化を追っています。NHKスペシャルで放映された番組が本になったもので、一般向けにわかりやすくなっています。

参考文献:人類進化

cover

人類がたどってきた道 : 文化の多様化の起源を探る
海部陽介著

担当教員からのコメント
ホモ・サピエンスのアフリカにおける進化と、5万年前に始まった人類の世界拡散を描出し、人類の由来と、多様な地域文化の成立を解き明かしています。

参考文献:コミュニケーションの起源

cover

コミュニケーションの起源を探る
マイケル・トマセロ著 ; 松井智子, 岩田彩志訳

担当教員からのコメント
人間のコミュニケーションは指さしと物まねからはじまった。人間の子どもと大型類人猿の比較から、人類の進化的起源を明らかにします。

参考文献:協力の心

cover

ヒトはなぜ協力するのか
マイケル・トマセロ著 ; 橋彌和秀訳

担当教員からのコメント
協力の基底にある心理的過程こそが、ヒト独自の多様な文化や制度を支えていると主張。あたらしい「こころの進化」のシナリオを説いています。

参考文献:社会心理学

cover

心でっかちな日本人 : 集団主義文化という幻想
山岸俊男著

担当教員からのコメント
人の問題行動の原因を個人の心のあり方に求める考えを「心でっかち」と名付け、そうした日本社会特有の病理を解決する糸口を探っています。社会心理学に興味のある方はぜひ。

参考文献:行動経済学

cover

行動経済学 : 経済は「感情」で動いている
友野典男著

担当教員からのコメント
感情、直感、記憶など、心のはたらきを重視し、現実により即した経済学を再構築しようとする新しい学問「行動経済学」の基礎を、詳しく解説しています。

参考文献:社会脳

cover

つながる脳
藤井直敬著

担当教員からのコメント
自由意志や社会的適応、ココロの理論、あるいは脳科学の実験環境などをテーマに、「脳と社会」の関係性から脳の解明を目指しています。

参考文献:霊長類学

cover

日本のサル学のあした : 霊長類研究という「人間学」の可能性
中川尚史, 友永雅己, 山極寿一編

担当教員からのコメント
若手研究者が、サル学の魅力、フィールドワークの醍醐味を紹介。霊長類に学ぶことで「人間とはなにか」という本質を考えます。執筆者の多くが大学院生・ポスドク・若手研究者です。研究現場の雰囲気が伝わってきます。

参考文献:チンパンジー

cover

人間とは何か : チンパンジー研究から見えてきたこと
松沢哲郎編

担当教員からのコメント
チンパンジーの研究を通じて「人間とは何か」を考えます。ヒト知性の源流をさぐり、比較認知科学の一つの到達点を示しています。

cover

想像するちから : チンパンジーが教えてくれた人間の心
松沢哲郎著

担当教員からのコメント
チンパンジー研究の第一人者が、進化の隣人を知ることで到達した人間観を、三十余年に及ぶ研究の成果として述べています。

参考文献:ボノボ

cover

ヒトに最も近い類人猿ボノボ
フランス・ドゥ・ヴァール著 ; フランス・ランティング写真 ; 藤井留美訳

担当教員からのコメント
人と類人猿の共通の祖先を求めて、類人猿ボノボの生態・社会・行動を明らかにする最新の研究成果を、多数の写真とともに紹介しています。

参考文献:チンパンジーとボノボ

cover

あなたはボノボ、それともチンパンジー? : 類人猿に学ぶ融和の処方箋
古市剛史著

担当教員からのコメント
激しい競争主義のチンパンジーと、争いを避ける平和主義のボノボ。こうした違いの分析を通して、人類の起源と未来を考察します。

cover

あなたのなかのサル : 霊長類学者が明かす「人間らしさ」の起源
フランス・ドゥ・ヴァール著 ; 藤井留美訳

担当教員からのコメント
霊長類研究者が、豊富かつ興味深い類人猿の生態を紹介しながら、鋭い洞察力と独特のウィットを通じて、「人間らしさ」の本質を考えるエッセイ集です。

参考文献:共感の進化

cover

共感の時代へ : 動物行動学が教えてくれること
フランス・ドゥ・ヴァール [著] ; 柴田裕之訳

担当教員からのコメント
「共感」が進化史上、哺乳類に共通の特性であることを明らかにし、「共感」を基盤とする「まとまりと生きる価値を重視する」新たな現代社会の在り方を提唱しています。

参考文献:イヌの心

cover

犬のココロをよむ : 伴侶動物学からわかること
菊水健史, 永澤美保著

担当教員からのコメント
誰でもできる簡単な観察実験をもとに、イヌのコミュニケーション能力研究の最先端の成果をわかりやすく紹介しています。身近な動物であるイヌを通して、心の進化について考えてみてください。

cover

あなたの犬は「天才」だ
ブライアン・ヘア, ヴァネッサ・ウッズ著 ; 古草秀子訳

担当教員からのコメント
人のしぐさを読み取る力など、イヌの優れた認知能力について、俗説や古い学説を排しながら分かりやすく説明しています。著者のBrian Hareは、イヌ・オオカミの比較だけでなく、チンパンジー・ボノボの研究でも世界的に有名です。

参考文献:ウマ

cover

新アルティメイトブック馬
エルウィン・ハートリー・エドワーズ原著 ; 楠瀬良監訳

担当教員からのコメント
ウマの各品種の解説に加えて、ウマ科動物の進化、家畜化の歴史、体型に関する説明も豊富に掲載されています。ウマの認知研究が近年注目を浴び始め、山本自身、馬術部などの協力を得ながら研究を始めています。

参考文献:イルカ

cover

イルカの認知科学 : 異種間コミュニケーションへの挑戦
村山司著

担当教員からのコメント
「イルカと話したい」という動機から、感覚、行動、認知、さらに言語の研究を基に、「イルカと人間のコミュニケーション」というテーマを追っています。

参考文献:科学とは

cover

中谷宇吉郎随筆集
中谷宇吉郎 [著] ; 樋口敬二編

担当教員からのコメント
科学本ではありませんが、珠玉の科学エッセーが盛り込まれています。中谷宇吉郎は、世界で初めて人工雪の作成に成功した物理学者。物理の世界にとどまらず、身近な疑問に幅広い視点からするどく、かつ柔らかく切り込んでいきます。「雪を作る話」「立春の卵」といった科学随筆を始め、40篇の随筆を精選して収録しています。

cover

科学と科学者のはなし : 寺田寅彦エッセイ集
寺田寅彦[著] ; 池内了編

担当教員からのコメント
中谷宇吉郎の師匠であり、夏目漱石の弟子でもあった物理学者です。電車の混雑には法則があるか、虫たちは何を考えているのか等、身近な自然や出来事を細やかに観察しながら書かれた科学エッセイです。

参考文献:作文技術

cover

理科系の作文技術
【[改版]】
木下是雄著

担当教員からのコメント
理科系に限りません。他人に伝える文章を書く人は必読。レポート・論文や報告書、申請書等につき、目標設定の立て方や文章の組み立て方など、豊富な例を用いてライティング・スキルを解説しています。

cover

日本語の作文技術
本多勝一著

担当教員からのコメント
句読点の打ち方で、文章の読みやすさは格段に変わります。レポートを書く前に必読の書です。ジャーナリストである著者が、わかりやすい文章を書くための技法を、数々の実例をあげながら論理的に解説しています。

視聴覚資料

*視聴覚資料はAVコーナーに配架しています。

cover

NHKスペシャル . ヒューマン = Human : なぜ人間になれたのか

担当教員からのコメント
人類がホモ・サピエンスになってから約20万年の間に進化した脳と共に、その脳がつくりあげた心の進化を追っています。山本の研究も取り上げられています。

第1巻:旅はアフリカからはじまった
第2巻:グレートジャーニーの果てに
第3巻:大地に種をまいたとき
第4巻:そしてお金が生まれた

※本ページの書影は紀伊國屋書店ウェブストアのものを利用しています。