国際協力法(柴田明穂先生)


このガイドに掲載されている資料は、社会科学系図書館のKULiPコーナーでご利用いただけます。
OPACで資料の一覧を確認する  印刷用ガイド

教科書・講読文献

cover

国際法 = International law
【第4版】
浅田正彦編著

担当教員からのコメント
国際法の定番教科書の最新版。今年度はこの教科書を使用し、章末の「設問」なを利用して、理解を深めていく。

cover

ベーシック条約集
【2019版】
薬師寺 公夫, 坂元 茂樹, 浅田 正彦編

担当教員からのコメント
北極関連の文書を掲載しているのは、この条約集のみ

cover

判例国際法
【第3版】
薬師寺公夫[ほか]編集代表

担当教員からのコメント
国際法の重要判例を収録した判例集の決定版かつ最新版。

cover

プラクティス国際法講義
柳原正治, 森川幸一, 兼原敦子編

担当教員からのコメント
国際法の定番教科書の一つ。

cover

国際法
酒井啓亘 [ほか] 著

担当教員からのコメント
国際法の教科書。独自の構成が採用されており、また発展的な内容を多く含む。そのはしがき曰く、「担当教員に議論をふっかけるために」活用すべし。

cover

《論文》
第1章 慣習国際法論は社会進歩のプロジェクトに貢献できるか?−意思主義の再構成を目指してー
松井芳郎
21世紀の国際法と海洋法の課題(東信堂、2016年)
松井芳郎 [ほか] 編集委員

担当教員からのコメント
5月6日授業の講読文献。最初から長文かつ極めて奥深い論文となるが、我が国を代表する国際法研究者の国際法学に対する熱い思いとそれに対する冷徹までの緻密な分析を読み取って欲しい。

cover

《論文》
「国際責任論における規範主義と国家間処理モデル」
小畑郁
国際法外交雑誌第101巻1号(2002年)
山手治之, 香西茂編集代表

担当教員からのコメント
7月8日授業の講読文献。責任法は常に魅力的な研究テーマであり続けてきた。この分野で研究を進めてみようと思ったならば、まずこの論文を読んでみてほしい。

その他の参考文献

cover

International law
5th ed
edited by Malcolm D. Evans

担当教員からのコメント
国際法の論点毎にその分野の専門家が詳述した論文集。国際法の基本的テーマで研究をする場合は、まずはこの本で確認すること。

cover

International law in domestic courts : a casebook
edited by André Nollkaemper, August Reinisch with Ralph Janik, Florentina Simlinger

担当教員からのコメント
国内法との関係を問うことは、そもそも「国際法」とは何かを問うことである。もともと、国際法と国内法との関係は何のために論じられていたのか。

cover

Contemporary issues in international law : environment, international trade, information technology and legal education
B.C. Nirmal, Rajnish Kumar Singh, editors

担当教員からのコメント
国際法の現代的課題を扱った論文集。インド的視点から。

cover

The Statute of the International Court of Justice : a commentary
【3rd Edition】
edited by Andreas Zimmermann … [et al.] ; assistant editors, Maral Kashgar, David Diehl

担当教員からのコメント
国際司法裁判所規程のコメンタリー決定版かつ最新版。

cover

Non-state actors and international obligations : creation, evolution and enforcement
James Summers, Alex Gough

担当教員からのコメント
国際社会の規範動向を理解する上で、今や国家だけを見ていては不十分である。非国家主体と国際法の関係を論じた論文集。

cover

Ordre juridique et désordre international
Pierre Marie Dupuy, Denis Alland

担当教員からのコメント
フランスを代表する国際法学者による、国際法秩序のあり方を鋭く問い質す分析。

cover

The paradigm of state consent in the law of treaties : challenges and perspectives
Vassilis Pergantis

担当教員からのコメント
条約法における基本原理である国家の同意を問い質す分析。

※本ページの書影は紀伊國屋書店ウェブストアのものを利用しています。

授業情報

担当教員

柴田明穂 SHIBATA Akiho

Directory of Researchers in Kobe University
/ GSICS website

キーワード

国際法

開講情報

・前期:1I301-月2 / シラバス
うりぼーポータル
神戸大学LMS BEEF(学修支援システム)