神戸大学文書史料室

附属図書館 Home
サイトマップ 神戸大学
学内の各図書館大学文書史料室



大学文書史料室とは

 神戸大学附属図書館大学文書史料室は、神戸大学の役員又は職員が職務上作成・取得した法人文書のうち歴史資料として重要な文書として移管されたもの、法人その他の団体又は個人から寄贈・寄託されたもの、その他神戸大学の歴史に係る資料を保存するとともに、一般の利用に供することを目的として、2010(平成22)年4月1日に設置されました。
 さらに、2011(平成23)年3月30日付けで、「国立公文書館等」(=国立公文書館に類する機能を有する施設)として内閣総理大臣の指定を受けました(平成23年内閣府告示第13号、4月1日施行)。

 当室は、神戸大学の歩みを後世に伝え、国民への説明責任を果たすために設置された神戸大学唯一の公式アーカイブズです。当室では、2010(平成22)年3月31日に廃止された神戸大学百年史編集室旧蔵の歴史公文書等約9,200点を引き継ぐと共に、新たに、保存期間が満了した歴史公文書等や寄贈寄託史料を毎年受け入れており、整理が終了したものから順次、目録を公開して一般利用に供しています。当室所蔵史料は、神戸大学創立以来の百有余年にわたり大切に引き継がれた前身諸学校や新制神戸大学の貴重な歴史公文書等、及び退職教職員、卒業生、同窓会等から寄贈、寄託された本学の歴史に係る資料で構成されています。個人情報等の利用制限情報を除き、どなたでもご覧いただけます。

 また、常設展、特別展(年1回)及び巡回展(年2〜3回)等の展示活動や、本学の歴史に関する学内外からの照会(レファレンス)にも積極的に対応しています。ぜひ、お気軽にご利用ください。